社会福祉法人敬寿会

 

 


1 用具、器具、補助具

介護・福祉用語
介護に携わる職業
介護用語の基礎知識
・アセスメント
  ・移乗動作
  ・インテーク
  ・ADL(日常生活動作)
・介護給付
  ・介護サービス
  ・介護支援専門員
  ・介護タクシー
  ・介護認定審査会
  ・介護ベッド
  ・介護報酬
  ・介護保険施設
  ・介護保険審査会
  ・介護療養型医療施設
  ・介護老人保健施設
  ・機能訓練
  ・居宅介護支援
  ・居宅サービス
  ・クオリティー・オブ・ライフ
(QOL)
  ・クライアント
  ・グループホーム
  ・ケア
  ・ケアプラン
  ・軽費老人ホーム
  ・ケースカンファランス
  ・高齢者
  ・口話
  ・コーディネーター
・施設サービス
  ・在宅3本柱
  ・主治医
  ・主訴
  ・ショートステイ
  ・生活福祉資金貸付制度
  ・清拭
  ・セラピスト
・ターミナルケア
  ・体位変換
  ・タッピング
  ・通所介護
  ・デイサービス
・徘徊
  ・配食サービス
  ・バリアフリー
  ・訪問介護
  ・訪問看護
  ・訪問入浴介護
  ・訪問リハビリテーション
・モニタリング
・要介護度
  ・要介護認定
・リーチャー
  ・リバースモゲージ
  ・老老介護
医学用語の基礎知識
2.介護・福祉用語
介護用語の基礎知識
ア行
・アセスメント
介護サービス利用者の機能や状況を事前に把握、評価することで、ケアプランの作成など今後の見通しを立てるために必要な評価のこと。
・移乗動作
介護される人が、ベッドから車椅子に、車椅子からベッドに移る、歩行器から車椅子に移るなど乗り移りの動作。
・インテーク
受理面接。障害を持つ人、または家族からの主訴を聞き、問題点や要望を明確化し、援助につなげること。
・ADL(日常生活動作)
人間が毎日の生活を送るうえで、必要な基本的動作のこと。食事、排泄、更衣、身だしなみ、入浴などの基本動作と、寝返り、起き上がり、座位、立ち上がりなどの移動動作があります。
カ行
・介護給付
要介護の認定を受けた被保険者(要介護者)に対する給付。居宅介護サービス費から高額介護サービス費までの9種類があります。
・介護サービス
日常生活を営むのに支障がある人に対する不都合を解消、緩和させることを目的としたサービス。介護給付の対象になるサービスをいい、訪問介護、通所介護などのほか、介護保険施設に人所して受けるサービス。
・介護支援専門員
ケアマネジャーのこと。
・介護タクシー
ヘルパー資格を持つタクシードライバーが利用者の送迎を行うタクシー。
・介護認定審査会
要介護度認定決定の過程の中で、二次判定を行う非公開組織。福祉や保健、医療などの学識経験者5名程度で組織される。メンバーは各市区町村長が任命し、その任期は2年となっている。
・介護ベッド
電動式で、背中と膝の部分が持ち上がり、ベッド本体の高さが調節できるベッド。介護する側にとっても負担軽減となっています。
・介護報酬
介護サービスを提供した事業所や施設に対して、対価として支払われる報酬。医療にならって介護報酬といいます。
・介護保険施設
介護保険法による施設サービスを行う施設で、指定を受けた施設のこと。介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3種類があります。
・介護保険審査会
都道府県ごとに設けられており、要介護認定結果への不服を受け付けている機関である。メンバーは都道府県知事が任命する。被保険者(サービス利用者)の代表3名、市町村の代表3名、介護保険と直接利害のない市民の代表3名で組織され、再検討に必要とされる書類や調査を行った上で審査し、結果を本人に通知する。この機関では被保険者証の交付や保険給付の上限への不満、徴収される保険料の金額に関する不服についても受け付けており、審査を行っている。このような申し立てをする場合は、要介護認定の結果通知を受け取った翌日から数えて60日以内が限度。
・介護療養型医療施設
要介護状態で、長期の療養を必要とする人が、療養上の管理や看護が受けられる施設。
・介護老人保健施設
病状が安定した要介護状態の人が、自宅復帰のためリハビリに重点をおいた施設。
・機能訓練
損なわれた身体機能を回復するための訓練をいい、運動療法、ADL(日常生活動作)など身体機能の回復、改善、維持を目的とした訓練。
・居宅介護支援
介護を必要とする人あるいはその家族から依頼を受けて、要介護認定の申請代行や、認定後に介護を受けようとする人に対して適切な居宅サービスが受けられるよう支援すること。
・居宅サービス
自宅での生活を中心にした介護サービス。基本的に、要介護者で12種類のサービスが受けられます。
・クオリティー・オブ・ライフ (QOL)
「生命の質」「生活の質」「人生の質」などと訳され、生活の満足感・安定感・幸福感を求めた介護が求められています。
・クライアント
施設への来訪者、来談者、相談者。
・グループホーム
食事提供など生活面の援助を受けながら認知症の人たち、および障害者が共同生活を行う拠点。
・ケア
世話・保護・介護・看護など、医療的・心理的援助を含むサービス。
・ケアプラン
適切な介護サービスが受けられるよう、本人や家族の環境などに配慮し、利用する介護サービスの種類や内容を定めた計画。
・軽費老人ホーム
ケアハウスのことで、ヘルパーはいるが、自立度が高く、介護や看護のあまり必要のない人が対象となります。
・ケースカンファランス
ケアプラン作成後、課題や問題点がないか、サービスに携っている人が集まり、事例ごとに検討する会議のこと。
・高齢者
一般的に65歳以上の人。
・口話
口型や唇の動きなどから言葉を読み取って交わすコミュニケーションの手段。
・コーディネーター
合同で決定された目的を達成するために、目標と個々の活動を調和させる人のことをいい、主にソーシャルワーカーの重要な役割の1つになっています。
サ行
・施設サービス
施設に入所して受けるサービス。
・在宅3本柱
在宅福祉サービスの中で、ホームヘルプサービス、ショートステイ、デイサービスをいいます。
・主治医
家庭医、ホームドクターとも呼ばれ、地域で開業していて日常的な医療を担当する医師のこと。要介護認定の際、かかりつけ医の意見によって、介護状態が区分されます。
・主訴
クライアントが相談したいと思っている主な内容のこと。
・ショートステイ
在宅で介護をしている家族が、急な病気、冠婚葬祭、旅行などの理由で一時的に介護ができなくなった場合、家族に代わって施設が介護サービスを行うこと。
・生活福祉資金貸付制度
社会福祉協議会などがバックアップしている、介護者のための集会である。介護者どうしで介護の悩みや情報を共有することで、一人で解決できなかった問題が、介護の先輩や仲間との話し合いを通して解決しようとする。介護の問題は一人で抱えてしまいがちだが、このような相談をすることで介護される側にとってもよい影響があると考えられている。
・清拭
風呂に入る代わりに、身体を拭いて清潔にすること。病気で安静が必要な場合や高齢者で入浴やシャワーができない場合に行います。
・セラピスト
社会復帰のための療法を専門に行う人で、理学療法士からカウンセラーまで幅広く使われています。
タ行
・ターミナルケア
終末期の医療、看護、介護をいいます。
・体位変換
自力で体位を変えることのできない人の同じ体位の継続による苦痛緩和のため、あるいは寝たきりによる床ずれを予防するため定期的に体位を変換させること。
・タッピング
痰を出やすくするためや褥瘡予防のため、血液循環を良くする目的で、手のひらをおわん状にしてたたくこと。
・通所介護
在宅の要介護者に対して、デイサービスセンターに通って入浴や食事など生活の世話や健康状態の確認、日常動作訓練などを受けるサービスのこと。
・デイサービス
昼間に限って、老人ホーム、あるいはデイサービスセンターでお年寄りを預かるサービスのことです。お年寄りは同世代とのレクリエーションでの交流や、食事、入浴、生活指導を楽しむことができます。また、家族介護者教室が行われている所もあります。痴呆症や身体の不自由、又は虚弱なお年寄りにとって、外出による緊張感等が生きる意欲と自立性を高めます。実際、痴呆症で夜中に徘徊をしていたお年寄りが、デイサービスに通うことで徘徊がとまったというケースもあります。
ハ行
・徘徊
認知症によく見られる症状で、目的もなく屋内外に移動したり、外へ出て帰ってこれなくなる状態。昼間だけではなく、夜間でも歩き回るケースもあります。
・配食サービス
ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯に対して、バランスのとれた食事を、居宅を訪問して定期的に提供すること。
・バリアフリー
住宅、公共施設などの段差をなくしエレベータを設置するなどで、高齢者や障害者が動きやすくする環境作り。最近では、高齢者や障害者への偏見をなくすという意味も含まれてきている。
・訪問介護
ホームヘルプサービスともいい、ホームヘルパー等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護、洗濯、掃除等を行うサービス。
・訪問看護
看護師が家庭を訪問し、主治医と連絡を取りながら、療養上の世話や必要な診療の補助を行うこと。
・訪問入浴介護
看護職員と介護職員が居宅を訪問し、浴槽を提供して行われる入浴の介護サービス。
・訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士が家庭を訪問し、必要なリハビリを行うこと。
マ行
・モニタリング
ケアプランに基づき実施したサービスについて、利用者に提供されているサービスが適切かどうか、計画に基づいてサービスされているかどうか、ケアマネジャーが利用者、事業者の双方から観察・管理・評価を行い、必要な場合には見直しを行うこと。
ヤ行
・要介護度
一次判定・二次判定を経て介護度を出す。要支援、要介護度1〜5の介護度が出され、それぞれの介護度に合ったサービスが提供される。判定の結果、介護が必要ないとされた場合は「非該当(自立)」とされる。判定結果に不服がある場合は「介護保険審査会」に申し出ることができる。
・要介護認定
どの程度の介護サービスが必要かを判定すること。これによって、各申請者に要支援・要介護度1〜5・自立の判定がされる。この申請は各市区町村の窓口にすることになる。
ラ行
・リーチャー
手が届かない所の物を遠距離操作でつかむための道具。身体の不自由な人の行動範囲を広くします。
・リバースモゲージ
老後の生活資金調達方法の一つで、持家を担保に融資を受けるシステムのこと。亡くなられた後に担保となっていた不動産を売却して借入金を一括返済することとなっている。このサービスは、地方自治体が運営している「公的プラン」と信託銀行等による「民間プラン」がある。
・老老介護
高齢者が介護者となることを言う。厚生労働省の介護サービス世帯調査によると70歳以上のお年寄りが介護をしている場合が2割以上であった。


 
 
お問い合わせ先
Tel 079-233-0338
Fax 079-233-0308
 
 
Copyright (c) since2004 Shikamanosato All Right Reserved.